ナチュラルな生き方、ナチュライフって?

「ナチュラルとは」って辞書で調べると、こんな風に書いてある。

「自然であること。天然であること。飾り気や誇張のないこと。また、そのさま。
「ナチュラルな素材」「ナチュラルな生き方」「ナチュラルメーク」」

自然農法の野菜たちは、人間の意図などはおかまいなしに、実に生き生きと育つ。
肥料をやらないから、見かけは大きく立派にはなりにくい。
でも一口かじってみると、その野菜の本来の深い味わいを感じることが出来る。

「意外とあっさりしてる」と感じるかもしれないくらいの、えぐみのない、素直な味わい。
後味もすっきりとしている。

そんな野菜を食するには、質の良い調味料が少しあれば充分。
シンプルだけど、ものすごく豊かなんだなと感じる。

豊かさとは、決して足し算した結果ではないのかもしれない。
わたしも自然農法の野菜たちのように、生き生きと毎日を過ごしたい。

ありのままに、そのままに。
足さない生き方、それがナチュライフ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。